誤訳の泉

HOME > 誤訳の泉:第12回 和訳編:「report to」は「〜に報告する」?

第12回 和訳編:「report to」は「〜に報告する」?

企業や組織に新しいポジションが創設されてリーダーが任命されたり、上級管理職が交代する際に当該役職に就任、昇格した方の経歴を紹介する翻訳が回ってくることが時々あります。そういった文書で頻出する表現と、翻訳者の訳文を次に挙げてみます。

Due to this appointment, he will report to the senior vice president.
このたびの指名により、彼は上級副社長に報告することとなります。

日本語だけを読んで、「(上司に)報告する」?何について? と、わたしならそう思います。取締役会で新しい役職に指名された管理職が、上級副社長に「報告することになる」。これでは日本語として意味が通じません。

では、いつものように辞書の定義を見てみましょう。

<日本語の定義>

大辞林で「報告(する)」を引くと、「つげ知らせること。特に、研究や調査の結果、与えられた任務の結果などについて述べること」とあります。

<英語の定義>

今回は連語なので、まずは研究社の英和活用大辞典でreport toをあたってみます。
「・report sb to the police 人を警察へ訴える ・report a fact to the police [committee] ある事実を警察[委員会]に報告する ・He was told to report to the police. 警察に出頭するように言われた ・You are to report directly to me. 君は私のところへ直接顔を出すべきだ;君の直属の上司は私だ」

上の最後の例文をご覧ください。ズバリ「〜の直属」と出ています。directlyがあるので意味が強調されていますが、「〜に報告する」というのは、すなわち「(組織上)〜の直属である」という意味になります。

冒頭の文も、次のように訳してみましょう。
「このたびの指名により、彼は上級副社長の直属となります」
これで意味がクリアになりました。直属、すなわち「上級副社長に(どういうことについても)報告する」ということがわかります。

別の辞書もreportで見てみましょう。引用が多いので、当該箇所のみの転記とします。

※ランダムハウス英語辞典
【5】(…に対して)責任を負う,(…の)監督下にある,(…に)直属する((to...)):This position reports to the Sales Manager. このポストは販売担当重役に直属だ.

※ジーニアス英和大辞典
3〔…で/…に〕出頭する;出向く, 顔を見せる;所在を報告する〔for/to, at〕;〔人に〕直属している;〔…に〕責任がある, 〔…の〕立場にある, 支配下にある〔to〕_〜 for duty [work] 出勤する/R〜 to the office at 9 o'clock. 9時に事務所に来なさい[行きなさい, 出頭せよ]/The designer 〜s to the drawing controller. その設計技師は設計担当部長の直属である.

※新英和大辞典
b 〔上役・監督などに対して〕責任を負う, 〔…に〕指揮[監督]される, 〔…の〕直属である 〔to〕.・We report (direct) to him here. ここでは我々の直接の上役は彼である.

※リーダーズ大辞典
2 出頭する; 自分は…だと届ける; 〈人の〉直属[部下]である〈to〉.・I reported sick on Monday. 体の具合が悪いと届けを出した.・report to the police 警察へ出頭する.・report for duty [work] at 9 a.m. 午前 9 時に出勤する.・I report direct to him. わたしは彼の直属の部下である.

※ビジネス技術実用英語大辞典
2. (〜に)伝える[報告する, 通報する, 届け出る, 通知する]〈to〉; 報告書[レポート]を作成する, 記録する, 記者をしている; 〈to〉 〜の直属部下[配下]である, 〜の管轄[監督]下にある, 〜の直属である, 〜に従属している; 〈to〉 〜に出頭する[出向く, 出勤する]

ここまで挙げてきたように、主要な辞書にはすべてreport toの訳として「直属(の部下)である」という語が載っているのです。意外でしょうか? 確かにreportのような基本動詞だと、ついつい辞書を引きそこなったり、引いていても下のほうまで見なかったりということがあると思います。しかし、まずは「ターゲット言語(ここでは日本語)感覚を普段から磨いて、翻訳の際にはそれをフルに発揮する」こと。これがないと、自身の訳文を判断することができません。そして「知っていると思っても辞書を引く。第一義だけではなく、下のほうも見る」ことが大切。今日からできる翻訳力アップの姿勢です。

では今回も、最後に例文を挙げることとします。report toに関して英和活用大辞典にあった4つの意味それぞれについて記しておきます。

  • Even after he stole from her, she did not want to report him to the police.
    彼が彼女から盗みを働いたにもかかわらず、彼女は彼を警察に突き出したくはなかった。
  • The panel member will report to the committee on his findings via his own website.
    その委員は、自身のウェブサイトを通じて、知見を委員会に報告する予定です。
  • Assailants seldom report to the police for fear of punishment.
    加害者は処罰を恐れるため、めったに警察に出頭することはない。
  • In the newly created position, XYZ will be responsible for worldwide product management and engineering for ABC company's IT management offerings and will report to YYY, President and Chief Operating Officer of ABC.
    この新しく創設された職位において、XYZはABC社のIT管理オファリングの全世界の製品管理およびエンジニアリングについて責を担い、ABC社の社長兼最高執行責任者(COO)であるYYYの直属の配下に入ることとなります。

※4のみ(つまり今回話題となっている「組織内上下関係」について)少し長い文としました。

ページの先頭へ戻る

翻訳サービスに関するお問い合せ先

Copyright © 2010 Dynaword Incorporated―All Rights Reserved.